デジタルトランスフォーメーション(DX)の加速、デジタルを活用したニューノーマル・ワークスタイルへの変革に加えて、その運用効果の最大化が前提条件となっている中で、“企業価値の最大化”と“事業の継続性確保”の両立は企業経営において急務となっています。その中で実行される企業資源管理の中心であるERP等の基幹システムの導入・更新については、導入フェーズに先だって業務改善を行うことで、導入期間の短縮化とコストを最小化し、運用フェーズではERPの機能とデータを有効活用することで自社の経営課題を解決し導入効果を最大化にすることで、投資回収を早めるとともに企業価値の最大化に繋げることが重要となります。「2025年の崖」というタイムリミットが目前に迫りつつある中で、日本企業の半数以上がDXに対応できないレガシーシステムを抱えているといわれ、かつ過去にシステム導入プロジェクトで苦労した経験のある企業や、将来の効果を見据えたERPの選択において悩みや不安を抱え、システムの導入・更新を躊躇している企業も少なくないと言われます。本セミナーでは、ERPの導入や更新を控えたプロジェクトオーナーやリーダーのみなさまに、企業価値の最大化を目指す上で必要なIT投資計画検討・立案の方法、現状業務の見直し、効果的なシステム選択の三位一体アプローチ方法を実例を含め説明いたします。

 

セミナー概要

開  催  日     2021年7月15日(木)

時     間     15:00~16:40(開始10分前よりウェビナー会場に入場いただけます)

参  加  費                  無料(事前申込制)※以下よりお申し込みください

参加方法     zoomによるオンライン配信となります。

         事前申し込み頂いたお客様に開催前日までにセミナー入場用のURLを別途メールにてお知らせいたします。

         メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダに配送されていないか確認頂き、info@growin.jpまでお知らせください。

         同業他社、および個人の方のご参加はお断りさせて頂く場合がございますので、予めご了承ください。

定     員     100名程度

主  催     <主催>グローウィン・パートナーズ株式会社
         <共催>イー・ビー・ソリューションズ株式会社
                日本オラクル株式会社 

プログラム

【第一部】15:00-15:30 グローウィン・パートナーズ株式会社 舟山 真登 氏

事例から見る!ERP導入プロジェクトの成功ポイント~IT化構想からシステム導入に向けたステップ~

   ー経営を取り巻く社会・経済の変化とデータを軸とした経営の高速化とデジタルワーク

   ー基幹システム構築に向けたIT投資の評価と実現のポイント

   ーシステム導入までのステップとポイント

   ーIT投資計画策定事例


【第二部】15:30-16:00 イー・ビー・ソリューションズ株式会社 岡 卓也 氏

DX時代にこそ拘りたい業務改善と連動した次世代基盤の作り方

  ー我々を取り巻く環境変化

  ー基幹システム活用の変遷と課題

  ー変化に強い経営基盤構築のポイント

 

【第三部】16:00-16:30 日本オラクル株式会社  中山 耕一郎

テクノロジーと非機能の観点で語る Oracle Fusion Cloud ERP の特長
  ーOracle Fusion Cloud Applicationの特徴
  ーOracle クラウド基盤の特徴
  ー他社ERP製品に対するオラクルの優位点
 
※ 内容・時間などは、告知なく変更されることがございます。ご了承ください。

 

講師紹介

グローウィン・パートナーズ株式会社
Strategy &Operations事業部 事業部長  舟山 真登 氏(公認会計士)
有限責任監査法人トーマツで、東証一部上場企業をはじめ、幅広い業種・規模の企業に対する法定監査業務、内部統制監査制度の導入支援業務に従事。グローウィン・パートナーズに入社後は、上場企業向けに、経営管理体制構築支援、経理財務部門における生産性向上の支援、PMIプロジェクトの支援、経理BPOサービスなど、多くの案件を手がけるほか、専門誌の執筆やセミナー講師を多数実施。

イー・ビー・ソリューションズ株式会社(EBSS)
業務イノベーションコンサルティング事業推進 マネージング・コンサルタント  岡 卓也 氏
総合コンサルティングファーム、大手IT企業を経て、2018年イー・ビー・ソリューションズ株式会社に入社。これまで様々な業界の生産・物流・ロジスティクス領域を中心に、ビジネス軸では戦略立案から現場密着型の現場改善支援、IT軸ではIT構想立案からITシステム導入支援まで幅広くサポート。昨今は、社会問題でもある物流危機再建のために「物流サービスの安定供給」に主眼を置いたコンサルティングや、セミナー・研修講師として活動中。

日本オラクル株式会社

クラウド・アプリケーション事業統括 SaaS テクノロジー部 ディレクター 中山 耕一郎 氏

日本オラクル入社後、データベースおよびWebアプリケーション技術を中心とするコンサルティング、プリセールスに従事。その後エンタープライズ・アーキテクトとして顧客の中長期IT戦略の策定を支援し、顧客システムの最適化やデータ活用の高度化に貢献。Oracle Cloud、特にIaaS/PaaS領域の日本ビジネスの立ち上げメンバとして参画し、5年前より現職。現在、SaaS提案・導入時の非機能やセキュリティを担当するチームを率いている。